アルファードの次回モデルチェンジはいつになるかを解析

アルファードのモデルチェンジ履歴・次回モデルチェンジはいつになる?

アルファードのモデルチェンジがあった場合は値引き市場に大きな変化があります。ですから

 

どうせ買うなら新しいモデルが欲しい
とにかくアルファードが安く買えればいいんだから末期の値引狙いで

 

このように好みによってふるまい方を変えることができます。それもモデルチェンジのタイミングをわかっていればこそできることです。

 

この先は、アルファードの過去のモデルチェンジタイミングを解析する他、ディーラーの営業マンに訪ねてみた生の情報をお教えします。

 

アルファードの最新情報

 

最新の大きな動きは2016年7月4日のアルファード特別仕様車発売です。詳細情報は以下のようになります。

 

2016年07月04日

 

アルファード特別仕様車「TYPE BLACK」を発売

 

アルファード特別仕様車「TYPE BLACK」の主な特徴

 

  1. フロントエンブレムを専用ゴールドに
  2. シート表皮に「ウルトラスエード」を採用
  3. パワーバックドアを特別装備

 

パワーバックドアやアクセサリーコンセントが追加されて便利になってはいますが、このアルファード特別仕様車の魅力はなんといっても見た目でしょう。

 

一番の特徴はその豪華な外装です。フロントエンブレムが専用ゴールドになったのを筆頭にフロントグリルのスモークメッキ化、フロントフォグランプのガーニッシュがダークメッキ、バックドアガーニッシュがスモークメッキ化などが施されています。またアルミホイールも高輝度塗装が行われています。

 

インテリアもシート表皮にウルトラスエードを採用。黒木目調本革巻き4本スポークステアリングホイール、ブラックのルーフヘッドライニングなど全体的なゴージャス感がアップしています。

 

 

アルファードモデルチェンジのデータ履歴

アルファードのモデルチェンジ時期を予想する前に、過去のモデルチェンジデータを確認しておきましょう。過去のデータを分析することで未来のモデルチェンジ時期予想がしやすくなります。

 

初代アルファード

2002年5月22日 アルファードが新発売
2005年04月19日 マイナーチェンジ。内外装が変更されてG-BOOK ALPHAなどに対応。サイドアンダーミラーが装着。
2006年08月01日 MZと同等の内装や装備を採用したアルファード特別仕様車としてトヨペット店向けに「MS/AS Prime Selection」ネッツ店向けとして「MS/AS PLATINUMセレクション」が発売。
2007年06月11日

一部改良。ボディカラーにホワイトパールクリスタルシャインを追加。
また、アルファード特別仕様車「MS/AS Prime Selection・PLATINUMセレクション」をベースにオプションだったパワーバックドアが特別装備された「MS/AS Prime SelectionII・PLATINUMセレクションII」が発売。

 

2代目アルファード

2008年05月12日 フルモデルチェンジ。初代にあったハイブリッドモデルはフルモデルチェンジ時点では未設定。車体は3代目エスティマと共通のものに変更。7人乗り仕様はキャプテンシートに変更。「350G Lパッケージ」と「350S Cパッケージ」にエグゼクティブパワーシート(上級仕様のキャプテンシート)が設定。
2009年06月02日

アルファード特別仕様車「240S Limited」発売。「240S」をベースに、デュアルパワースライドドアと特別内装色シェルなどを採用と共に装備を見直し。

 

アルファード特別仕様車「350S Prime Selection」発売。「350S」をベースに、アルカンターラ素材専用シート表皮やデュアルパワースライドドア・パワーバックドアなどを装備。

2010年04月01日 アルファード特別仕様車「Prime Selection II」を発売。「Prime Selection」をベースに、回転式センターフロアコンソールボックス天板部に専用加飾、スーパークロムメッキ塗装のアルミホイールを追加装備。
2010年09月30日 アルファード特別仕様車「Prime Selection II -type GOLD-」発売。「Prime Selection II」をベースに、インパネとセンタークラスターに専用加飾、シートカラーを専用色に。
2011年06月22日 アルファード特別仕様車「Prime Selection II -type GOLD II-」を発売。「Prime Selection II -type GOLD-」をベースにメッキドアミラーカバーを省く代わりに、運転席8ウェイパワーシートとマイコンプリセットドライビングポジションシステムを追加装備。
2011年11月01日 マイナーチェンジ。エクステリアデザインを変更。内装はスピードメーターのデザインやシート表皮、木目調色を変更。パノラミックビューモニターをオプション設定。一部グレードでオートマチックハイビーム、運転席オートスライドアウェイ、ナノイー、スーパーUVカットガラスを採用。ボディカラーに新色追加。ハイブリッドモデルが追加。
2012年09月18日 「240S」・「350S」をベースに、専用エクステリア、専用シート、デュアルパワースライドドア、パワーバックドア&バックドアイージークローザーなどを装備したアルファード特別仕様車「240S"type GOLD"」・「350S"type GOLD"」を発売。
2013年10月31日 アルファード特別仕様車「240S"type GOLD II"」・「350S"type GOLD II"」を発売アルファード特別仕様車「type GOLD」をベースに、フロントグリルはスモークメッキ+カラード仕様に変更。ゴールドメーターリング、専用ゴールドエンブレム、アクセサリーコンセント、スモークメッキのミッドグリル、メッキインサイドドアハンドルを追加装備。

 

3代目アルファード

2015年01月26日

フルモデルチェンジ。ロアグリルが一体となったメッキ加飾の大型フロントグリル採用。ボディカラーに「ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク」が追加。

 

リア足周りにダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用。ハイブリッドモデルはエンジンをアトキンソンサイクル仕様の2AR-FXE型に、2.4Lガソリンモデルはエンジンを2.5Lの2AR-FE型に変更。

 

フロアの低床化したことで全高を低くなったが室内高は1400mmを確保。サードシートのスライド機構下に大容量ラゲージ収納(148L)。最大1160mmのシートスライド量を実現した助手席スーパーロングスライドシートを設定。スマートエントリー&プッシュスタートシステムを一部グレードに設定。

 

インテリジェントクリアランスソナー(8センサー)、プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)、パノラミックビューモニターやインテリジェントパーキングアシスト2を一部グレードに設定。

2016年07月04日

アルファード特別仕様車「TYPE BLACK」を発売。
フロントエンブレムが専用ゴールドに。フロントグリルのスモークメッキ化、フロントフォグランプのガーニッシュがダークメッキ、バックドアガーニッシュがスモークメッキ化。アルミホイールの高輝度塗装。

 

シート表皮にウルトラスエード採用。黒木目調本革巻き4本スポークステアリングホイール、ブラックのルーフヘッドライニング。

 

アルファードの次回モデルチェンジのタイミング予想

ここまではアルファードの過去のデータをひも解いて分析してきました。その中でも大きな出来事であるマイナーチェンジとフルモデルチェンジについてピックアップしてみましょう。

 

2002年5月22日 アルファードが新発売。
2005年4月 マイナーチェンジ
2008年5月12日 2代目アルファードにフルモデルチェンジ
2011年11月01日 マイナーチェンジ
2015年01月26日 3代目アルファードにフルモデルチェンジ

 

2018年以降にマイナーチェンジ
2021年以降にフルモデルチェンジ

 

今までのデータを分析するとこのくらいの時期にモデルチェンジがあるのではないかという予測が可能です。アルファードはマイナーチェンジやフルモデルチェンジのスパンが大きい傾向にあります。

 

フルモデルチェンジは6年ペース、マイナーチェンジはフルモデルチェンジの3年後くらいという傾向にあります。ですから大きな動きはまだ先になるでしょう。少しペースは速まってしまいますが、オリンピックにあわせてフルモデルチェンジを2020年に前倒しにしてくる可能性はあります。

 

ディーラーで営業マンに直接質問

データと同じくらい重要なのはディーラーからの直接情報です。実際に足を運び、営業の方にアルファードのモデルチェンジ情報を聞いてみたところ

 

今のところそういった話はありませんね。ディーラーもメーカーさんから車を卸してもらってそれを売る形ですから、メーカーの社外秘情報のようなものは降りてきません。むしろどういう情報ルートかわかりませんか雑誌などに最新の情報が流れてしまうこともあるくらいですから。ディーラーの方ではかなり先までの情報は把握していませんね。

 

とのことでした。しばらくは大きな動きはないことは間違いないでしょう。営業さんも今のところ何の情報も来ていないという話でしたので、少なくとも半年くらいは何もないのではないのではないでしょうか。はるか未来のモデルチェンジ情報にかく乱されずに今目の前にある情報で本当に今アルファードが欲しいかどうかだけをポイントに買う時期を考えていきましょう。

 

アルファードの値引きテクニックとは

モデルチェンジの時期がわかっていれば、アルファードをベストタイミングで買うことができるはずです。しかし、今の時点ではいつになるかは全くわかりません。そんな物を当てにするよりは今目の前にある商談を大事にしていった方が得です。しっかり基本的なテクニックを押さえて値引きを伸ばしていきましょう。最初は基本である「アルファード同士の競合」から入って「ライバル車との競合」をからめて交渉を有利に展開していきましょう。

 
http://www.howtogetridofkidneystones.net/ http://www.yxggs100.com/ http://www.aywtaxidermy.com/ http://horsesforsales.net/